sitemap BBS home
  ブロードバンドであそぶ とにかく速いスピード  


どのくらい速いの?
ストリーミングメディアが一変
常時接続だからできること
 
 
HOME

















 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どのくらい速いの

ブロードバンドにしてよかったー、と実感するのがまずそのスピードの速さです。
ホームページの表示はまるでハードディスク上にデータがあるかのようなスピードで表示されます。Mb超のダウンロードスピードがあれば、どんなに重たいホームページでも瞬時に表示されます。もっともサイト自身の負荷が高すぎるページはいくらDSLでつないでも遅さは解消されませんが。どのぐらい速いかですが、一般的な1.5M程度のADSLでも、会社のパソコンからブラウジングするよりよっぽど速いと言えばだいたい想像がつくでしょうか。

ほとんどの企業ではプロキシが間にはいるため表示に遅延が起き、直接つながっている家のDSLよりも表示スピードが遅くなってます。また、 大企業ではバックボーンにかなり太いインフラを持っていると思いますが、大勢で共有しているので1Mb超を独り占めしているDSLよりはレスポンスが遅いです。ワタシも実際DSLを導入するまでは、まさか会社よりも体感アクセススピードが早いとは思いませんでしたが、これ事実です。

もひとつスピードを実感するのがファイルのダウンロードスピードです。試しにDSLと56KモデムでMedia Player 7を実際にダウンロードして結果をグラフにしてみました。

  平均ダウンロードスピード ダウンロード所要時間
DSL 1.5M/128k 146Kbytes/秒 01:05
某社 社内LAN 38Kbytes/秒 03:50
56K(V.90)モデム 3.9Kbytes/秒 51:05



何回か接続をしてみたんですが、モデムは38.8K以上ではつながらず、結果としてDSLの50倍以上も時間がかかるという惨憺たる結果になってしまいました。体感でも1分と51分ではもう完全に別世界です。フェアでないという意見もあるかと思いますが、56Kのモデムの実情はこんなもんで、38.8Kはかなりましな方で、悪いときには24Kなんていうひどい数字しか出ないことがあります。ウチのDSL接続は混んでいるときでもまず1Mを切ることはないです。会社のLANよりも4倍近いスピードがでています。
ダウンロードする際には「ダウンロード中」のダイアログが出て、ダウンロードした容量が表示されますが、DSLではこれがまるで早送りのようなかんじでくるくると数字があがっていきます。実際、ここまで速いと、ネットにあるものはわざわざ自分のハードディスクやCD-Rにセーブしておかなくてもいいやっていう気になってきます。 Bフレッツの100Mbメニューですいている時間帯なら、60Mbpsぐらいのパフォーマンスが出ているようです。 単純計算でダウンロードスピード7MBytes/秒、ADSL1.5Mの50倍近いスピードです。上記と同じデータをダウンしたとしたらたったの2-3秒でダウンロードが終わってしまう計算になります。光接続おそるべし・・。

ストリーミングメディアが一変

モデム接続ではRealやMedia Playerでストリーミング・コンテンツを表示しても、ビデオの画面は小さいし、ギクシャクした動きだし、音は短波放送以下だし、はっきり言って面白くなかったと思います。200Kを超えるあたりからこの辺の事情が一気に変わってきます。
分かりやすい例でいくと、MP3のダウンロードです。MP3の音と、モデムでストリーミングした音楽コンテンツとどのくらい品質がちがうか良くご存知だとおもいます。MP3の最高品質の音は128kbpsで録音されています。さて、DSLは最低でも384kほどのダウンロードスピードがあります。ということは、DSLならMP3の音楽がストリームできる、つまりCD品質のストリーミング・オーディオが聞けてしまうということです。
ビデオの方はというと、300Kあると320x240のストリーミングビデオがコマおちナシで表示できます。全画面表示にしても十分鑑賞に堪える画質です。実際、300K超のビデオコンテンツを見ていると、テレビに表示してゆっくりみたくなるほどです。最近では、日本のストリーミング・サイトでも広帯域用のコンテンツがアップされるようになってきています。こんな感じの選択メニューをご覧になった方もいらっしゃると思います。


常時接続だからできること

ブロードバンドのもう一つのメリットが常時接続です。モデムでは30秒ぐらい、ISDNでも10秒ぐらいのプロバイダに接続するまでの待ち時間がありますが、ブロードバンド接続ならパソコンの電源さえ上がっていれば、ブラウザを開けた瞬間にすぐ画面が表示されます。(ルータ接続の場合) 常にパソコンの電源を入れておけば外から自分のパソコンにアクセスしたり、メールの自動ダウンロードや、インターネット電話などへの活用もできます。しかも固定料金ですから接続料金を気にする必要もなく、いつでも好きなだけネットにつなぐことができます。


HOME
 


高速インターネットならフレッツ・ADSL!