sitemap BBS home
  ブロードバンドをつかいこむ ダイナミックDNSサービスを使う  


Dynamic DNSって?
DDNSサービスをしているサイト
 
 
HOME



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 


Dynamic DNSって?

ここではHTTPサーバを立ち上げるの項ですこしお話した「ダイナミックIPアドレスや固定IPアドレスにサブドメインをつける」方法を紹介します。実際にはダイナミックDNS(以下DDNS)とよばれるサービスを使うことになります。わざわざDNSサーバを自宅で立ち上げなくても、簡単にサーバにサブドメイン名を割り当てることができます。まず簡単にDDNSをつかわない場合と使った場合を説明しておきます。

DDNS使用前(まぁ、めんどくさい)
固定IPでもダイナミックIPでも、DNSサーバを同時に立ち上げてドメイン名をつけない限りは、外からサーバをみるためにはIPアドレスを入力する必要があります。サーバを公開したとしても、なかなかIPアドレスを覚えてもらうのも大変です。ましてダイナミックIPだった場合には、接続を落とせばサーバのアドレスが変わってしまいますから、年中アドレスの変更を教えて回らないといけないはめになります。

使用後(まぁ。すてき)
DDNSを使った場合ですが、図ではdyndns.orgっていうところを使ったと想定しています。dyndns.orgにユーザ登録をして、dslabcというサブドメインをもらったとすると、外からサーバをアクセスする人は、dslabc.dyndns.orgというアドレスにアクセスします。そうするとdyndns.orgのDDNSサーバがそれを登録してあるIPアドレスに変換して、見ようとしている人に対してデータが送られるという感じです。
固定IPの場合は一回だけdyndns.orgに登録してしまえばすみます。ダイナミックIPユーザの場合は、IPが変更されるたびに、自動的にDDNSサーバに対して登録しなおしてくれるクライアントソフトがいろいろなOS用に用意されています。dyndns.org用のクライアントのリストはここにあります(英語)。各OS用のリンクをクリックしてください。

DDNSサービスをしているサイトはかなりの数があります。ありがたいことに個人や非営利団体が無料で運用しているサイトが多いです。(dyndns.orgのように寄付を求めているサイトも多いです。気に入ったらいくばくかの寄付をしてサイトの運営に協力しましょう)
実際にどれを使うかは料金やサービス内容のほかに、どのくらいの可用率(どのぐらい落ちないでうごいているか)であるのかもけっこう問題になってきます。というのは、いったんDDNSのサブドメイン付きのアドレスで運用を始めてしまうと、そのDDNSサービスのダウン=自分のサーバのダウンとなってしまうからです。DDNSサービスが動いていないと、見たい人がアクセスしようとしても、かなしい「ページがみつかりません」エラーメッセージが表示されるだけです。このへんが気になる方は、いくつかサービスを試してみて、納得がいってから自分のサービスを立ち上げるといいかもしれません。

あと、DDNSを利用するもう一つのメリットは「どこにいても自分のマシンにアサインされたIPアドレスがわかる」ことです。そうすればルータのメンテナンスやリモートアクセスなどする場合に重宝します。DDNSサービスではHTTPサーバのほか、FTPやメールサーバなども運用することができます。

DiCE Dynamic DNS Clinetというページに日本語でかなり詳しい解説が載っており、しかも自作の日本語版更新クライアントソフトDiCEもダウンロードできるようになっています。DDNSでサーバをあげたい人はぜひ行ってみてください。フレッツADSLとダイナミックDNSでホームサーバー構築にも実用的な情報がいろいろと載っています。

我が家ではdyndns.orgをつかってライブカメラを運用しています。アドレスはhttp://satoru.dyndns.org:8080/(引越しのため現在停止中です)で、現在はウチのオカメインコを24時間放映しております。 (注:太平洋時間の昼間/日本の夜中〜朝8時ぐらいにご覧ください)


ダイナミックDNSサービスをしているサイト

DDNSサービスを行っているサイトを以下にリストアップしておきます。

Dyndns.org 無料 (英語)ワタシもつかってます。おすすめ。 クライアントの種類も豊富。ただし、30日間アクセスがないとアカウントが期限切れになります。 固定IP(期限切れなし)の場合は寄付が必要。
No-IP.com 無料 (英語)webのリダイレクト (xxx.hopto.org)もやっている
yi.org 多分無料 (英語)webのリダイレクトもやっている
DYNODNS.net 無料 (英語)
eyeP.net 無料 (英語)
DHS International 無料 (英語)webのリダイレクトもあり
DtDNS 無料 (英語)
CJB.NET 無料 (英語)webリダイレクトや無料popアカウントなどいろんな無料サービス
TZO.com $24.95/年 (英語)様々な有料サービス。独自ドメインのDNSを肩代わりしてくれるサービスもあり $59.95/年
dyn.to 200円/月 DDNSをサービスしている数少ない日本語サイトのひとつ
無料 DDNSサービスではなく、DDNSと似た仕組みでダイナミックアドレスベースのHTTPDに対して転送サービスをしてくれます。JAVAベースのIP自動アップデートが行われるため、IPアドレスが変わっても自動的に転送を行ってくれます。


お役立ちリンク:


日本語版DDNSクライアントDiceがダウンロードできるほか、DDNSを利用したサーバ運用に関する詳しい情報があります。必見。

フレッツADSLとダイナミックDNSでホームサーバー構築

うーん、説明不要。(笑) dyndns.orgの導入方法が説明されています。


PICANEWS
PC、インターネットに関するいろいろなニュースをまとめたページ。ソフト紹介のページに、DDNSのクライアントDynSite(dyndnsなどに対応)の日本語の詳細な解説がある。Gnutellaクライアント :>に関する解説も。

HOME
 


速い安い! OCNのADSLサービスに12M登場!