sitemap BBS home
  ブロードバンドをつかいこむ リモートアクセス環境をつくる  


外から家のマシンにアクセス
VNCを使う
リモートデスクトップを使う
セキュリティ・セキュリティ
 
 
HOME



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 


外から家のマシンにアクセス

家の中のLAN環境を充実させたら、今度は外から家のマシンにアクセスしたくなるものです。FTPサーバをインストールすれば、外部からファイルのアップロード・ダウンロードができるようになりますが、それに加えて、家の中のマシンそのものを、出先から操作したくなります。こういう局面で役に立つのがリモートアクセス・ソフトウェアです。家の中のマシンで、外から操作したいマシンに、リモートアクセスサーバ部分をインストールし、外からアクセスするマシンには、リモートアクセスクライアントソフトをインストールするのが一般的な使用方法かと思います。Windows XP Professionalではリモートデスクトップという名称でリモートアクセス機能が標準で搭載されています。もともとはWindows 2000 Serverに搭載されているターミナルサーバという機能を拡張し、ユーザ1人分だけにしたものがWindows XPのリモートデスクトップにあたります。Me/98や、XP Home にはリモートデスクトップは搭載されていませんので、市販品やフリーウェアのリモートアクセスソフトをインストールする必要があります。市販品ではSymantecのPCAnywhereであるとか、Mac用だとCarbon Copy Mac(だったっけか?)などがあります。ここではフリーウェアのVNCと、XP Proのリモートデスクトップを紹介しておきます。


VNCを使う

VNC(Viartual Network Computer)が何よりも優れているのは、タダだということです。Windows XPでもPro版を買わなければリモートデスクトップはついてきませんし、2000サーバなんて18万ほどします。パッケージ版のソフトでも、企業ニーズが中心なのでお高めの値付けになってます。VNCはフリーウェアですから、やってみたければダウンロードして動かすだけです。

VNCの優れた点を以下に書いておきます。

・タダです
ここまでよくできたソフトがタダであるということ以上に言うことはありません。って、年中言ってますが、VNCは市販のリモートアクセスソフトとくらべても、とんでもなく機能が優れた製品です。詳しくは読んでませんが、VNCのサイトの説明だと、どうもAT&Tのラボでの研究の副産物らしいです。配布はGNUライセンスに基づいているため、ソースコードもダウンロードできるようになっています。

VNCのサイトはここです(英語)

下の画面が、VNCクライアントから、別のマシンのデスクトップを表示したところです。

(クリックで拡大画面を表示します)
VNCクライアントから別のマシンのデスクトップを表示した画面

・ほとんどのOSに対応したサーバとクライアントソフト

上の画面はWindows同士の接続ですが、Macや、X Windowなど同士、あるいは異機種同士でも相互にアクセスが可能です。ダウンロードして使えるクライアントをリストアップしておきます。

まずは、VNCチームが開発したバージョンですが、以下のものがあります。
Linux 2.x,、Windows 9x/2000/NT、 Mac OS-68K&Power PC、Windows CE 2.0 SH3/MIPS、Alpha OSF1 3.2、Solaris 2.5(SPARC)

加えて、ソースコードを元に他の人が開発したバージョンは、
AIX、Acorn、AmigaOS、BSDI、DOS、FreeBSD、Geos3.0(ノキアの携帯電話)、HP/UX、NetBSD、OpenBSD、Openstep(NeXT)、OS/2、OSF(Alpha)、Palm OS、SCO、Irix、VMS.... 以下省略

とまあ、「これだけやったら文句ないだろう」 ってぐらい、完璧なラインアップです。ワタシは現在Windows以外のマシンを持ってないので試せていませんが、異機種同士で接続すると、まるでエミュレータを動かしているような画面がデスクトップに登場します。XPのリモートデスクトップでもクライアント側のソフトはWindows 98からXPまでに対応していますが、さすがにWindows系以外のOSには対応していません。Macからブラウザ経由(次項で説明)でWindowsマシンのデスクトップを表示するとこんな感じです。

(クリックで拡大画面を表示します)
Macからブラウザ経由でWindowsマシンのデスクトップを表示した画面

・クライアントソフトなしでもブラウザからアクセスできる

クライアントをインストールしていないマシンからでも、ブラウザ経由でリモートデスクトップを表示できます。この機能を使えば、友達の家や、会社のマシンから自分のマシンにアクセスする事ができて便利です。専用クライアントを使うのに比べると、やや表示スピードは落ちますが、十分使えると思います。実際のところ、クライアントソフト自体も150K程度と非常にコンパクトなので、フロッピーに入れて出先に持っていって使う事もできます。(素晴らしすぎる)

(クリックで拡大画面を表示します)
ブラウザ経由でリモートマシンのデスクトップを表示した画面

・ファイアウォールを経由しても接続できる
ルータやソフトウェアファイアウォールを使っている場合でもVNCを使う事ができます。サーバソフトをインストールしたマシンにVNCが使うポート 590xをフォワードしてやるだけで、ばっちりと動作します。xの部分には、ディスプレイ番号(VNCサーバの入ったマシンの番号と思ってください。VNCのデフォルトは0、自分で変更できます)が入り、5900にアクセスが来たらマシン0、5901ならマシン1というようにルータやファイアウォールのforwarding設定に振ってやれば、複数のマシンに外からアクセスする事ができます。 実際の接続時には、クライアントソフトを立上げるとマシン名を聞かれますのでそこにアドレスとポートを入力してやればOKです。

LAN内のマシンにアクセスするとき: マシン名:ディスプレイ番号
ドメインやサブドメインが割り当ててある場合: ドメイン名:590x
IPアドレスで直接入力する場合: xxx.xxx.xxx.x: 590x

ブラウザ経由でつなぐ場合は、580xになります。ブラウザから IPアドレス:580xでつながります。

・サーバとリモートクライアント両方同時に操作が可能
あとでXPのところで紹介しますが、XPのリモートデスクトップでは、 リモートマシンが接続されると、サーバにしたマシンの操作はできません。VNCではこういった制限はありませんので、リモートで接続された状態でも、サーバマシン側からも操作が可能です。

・十分速い

モデムからの接続でも、とんでもなく遅いという感じもせずメンテナンス程度の作業なら充分にできます。遅い接続を使っている場合には、リモートデスクトップの表示色数を256色に落とせば、高速に表示ができます。ただし、VNCは構造上サーバマシンの画面をリモートマシン上に投影するような形でエミュレーションをしているため、リモートからログインして専用の画面を開くリモートデスクトップとくらべると、スピード的には劣ります。

・ログインプロセスが暗号化されている
パスワード入力の部分が、チャレンジという手法を使ってスクランブルされていますから、ハッキングされにくいと言えます。ただし、つながってからの通信はセキュリティなしで行われるので若干不安がのこりますが、FTPやHTTPなどのわかりやすいプロトコルで通信しているわけじゃないので大丈夫だろうとは作者の弁です。SSLを使って通信するバージョンも、他のサイトでダウンロードできますが、ソースコードしかアップされていません。ワタシはコンパイラを持ってないので試せておりませんです。

 


リモートデスクトップを使う

XPはProを買うか、Homeにするかなかなか難しいところですが、自宅や会社のマシンを遠隔地からアクセスしする必要があったら、迷わずXP Proを導入しましょう。説明したとおり、この機能を標準で搭載しているのはXP Proだけだからです。これまではWindows 2000 Serverだけに搭載されていたリモートアクセス機能が標準でついてくるだけでも、約5000円分よけいに払う価値があると思います。

リモートデスクトップは、VNCのようにサーバマシンの画面をエミュレートするのではなく、Unixのようにリモート側でマシンにログインを行う形になります。したがって画面の書き換えなどの情報は必要最低限だけがおくられてくるため、実際の実行スピードはVNCとくらべてかなり高速になります。サーバ側のブロードバンド接続の登り方向スピードが十分あれば、ストレスなくリモートサーバにログインすることができます。 Bフレッツ100Mで接続されているサーバに接続してみたら、まるでローカルマシンを使っているかのようにサクサク動きました。

また、リモートデスクトップにはVNCと同じ機能が搭載されていることに加え、オーディオがサポートされているのが特徴です。サーバ側で実行されているソフトなどの音は、リモートのマシン側から流れます。(98マシンでリモートログインすると、XPのスタートアップサウンドが出てXPの画面に切り替わるのはちょっと不思議です)また、リモートクライアントから新たにログインプロセスを行いますので、画面の解像度もクライアント側に合わせた形でリモートセッションが起動し、まるでもう一台のマシンがデスクトップ上でブートしているかのようです。VNCの場合だと、サーバ側が1600x1200、クライアント側が800x600だったりするとかなり使い勝手が悪くなるのとくらべると対照的です。

ただし、大きな問題はリモートアクセスをすると、サーバマシン側からのアクセスができなくなることです。これはXP Proがシングルユーザライセンスであることに関係しています。というのも、2000 Serverの同等機能、ターミナルサーバでは複数のリモートクライアントからのアクセスまでできるようになっているからです。と言っても、ターミナルサーバも標準では2クライアントまでしか接続できませんが、1クライアントしかないということは、リモートかローカルか片方からしかログインができないということになります。実際問題としてこれはかなり不便です。この制限が問題になる人はWin2000サーバを導入するか(XP サーバってのがまだないのも問題だ>MS)、VNCなどを使うことになります。

リモートログインすると、ローカルマシンにはこのダイアログが表示され、
管理者権限のあるユーザしかアンロックできなくなる。もちろんここから
ログインすれば、リモートユーザは切り離される。大変不便。




サーバマシンとユーザのリモートアクセス設定
さすがにOS内蔵だけあって、インストールは大変シンプルです。というより、単にコントロールパネルのシステムからリモートアクセス可能に設定するだけで、Admin権限のあるユーザはリモートで接続できるようになります。リモートアクセス可能なユーザを追加するには、ユーザを追加して、同じ設定項目からそのユーザにリモートアクセス権限を与えるだけです。



クライアントソフトの導入
リモートアクセスするマシンにクライアントソフトをインストールするには、XP ProのCDをそのマシンに入れ、設定項目から追加コンポーネントを選んでインストールするだけです。クライアントソフトは98/Me/2000で動作します。NT3.5やWindows 3.1ではWin2000サーバのターミナルコンソールをインストールすればこれも接続できるようですが、試していないので実際どのようになるのかわかりません。 クライアントソフトを立ち上げると、このようなウィンドウが出てきます。(※手元に英語版のXPしかないのでこのページの画面は全部英語版になります。あしからず)


オプションのところを押すと、細かい設定ができるようになっています。 回線が遅い場合には、
DisplayタブからColorを256colorsにしたり、ExperienceタブのドロップBOX から、遅い回線用の
設定を選ぶと多少パフォーマンスが改善します。



LAN接続されている場合はサーバマシンのプライベートアドレスを入力します。ネット経由でリモート接続する場合は、サーバマシンにグローバルIPが割り当てられている必要があります。ルータ経由などでプライベートアドレスを使用している場合は、ポート転送設定で動かすことができます。リモートデスクトップで使うポートはTCP3389ですので、ルータに3389へのアクセスをサーバマシンに転送する設定をしておきます。そうすれば、リモートマシンの画面から、ルータのグローバルIPアドレスを入力してやれば接続できます。

ポートの変更
リモートデスクトップが使用しているポートを3389以外に変更する必要がある場合は、regeditを使う必要があります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcpの、PortNumberを開くと、16進か10進でポートナンバーが入ってます(d3d/3389)ので、これを変更したい数値に変えてやればOKです。テストしていないので定かではないですが、この方法で、各マシンに違うポート番号を、ルータにはその転送の設定をすれば家の中にある複数のクライアントに外からリモートログインできるのではないかと思います。


無事接続できると、見慣れたXPのログイン画面がでてきます。先述の通り、つなぐたびにXPへのログインが必要になっているわけです。設定をしない限り、フルスクリーンでリモートセッションが開きます。


画面の上方に見慣れないタブが出ています。これはリモートセッションの画面であ
ることがわかるように付けられているもののようです。裏では自分のデスクトップが
動いた状態になっており、タブの上部にあるアイコンを押してウィンドウ表示にする
ことができます。 ここからユーザ名とパスワードを入れてログインすれば、XPの起
動音とともに、そのユーザのデスクトップが表示されます。


この時点で、サーバ側のコンソールは、前述のようにロックがかかった状態になって、サーバ側でローカルログインをしないと、アクセスができないようになっています。また、 Admin権限のあるユーザでリモートログインすると、自動的にこの状態になるのですが、権限のないユーザがすでにログインしているサーバに入ろうとすると、リモートログインを拒絶されてしまいます。アドミニストレータだけは他のユーザがログインしていても強制排除できますが、特権ユーザ以外は、自分以外のユーザがログインしているときにはログインできません。大変不便なのでなんとかして欲しいものです>MS 

リモートデスクトップWeb Connection(tsweb)の導入
XPのリモートデスクトップも、VNC同様ブラウザからリモートアクセスすることができるようになっています。大きく違うのが、リモートデスクトップではwebベースのリモートアクセスをHTTPDサーバに依存している点です。この機能を使用するにはXPに付属しているwebサーバを導入する必要があります。そして、tswebという名前のディレクトリを公開することにより、この機能にリモートでアクセスすることができるようになるわけです。tswebが運用されているサーバのtswebディレクトリにアクセスすると下のような画面がでます。ここからログインすると、コントロールがリモートデスクトップ部分に渡されて、通常のリモートログインと同じ画面がでてきます。そんで、最初のログイン時に、Terminal Services Advanced Client(TSAC)というActiveXのプラグインが導入されます。ということは、JAVAベースで実現しているVNCのwebクライアントとは違って、IEが動作しているPCでしかアクセスできんということですね。


tswebのログイン画面。サーバ名のところで入力するのはローカルIPアドレスになります。



ちなみに、web経由からのアクセスだからと言って、ポート80だけで通信できるというわけではないようです。単にサーバマシンへのログインのプロセスの受け渡しと、webベースのリモートクライアントのロードだけをブラウザでやっているだけで、通常のクライアントと同じく3389を使用します。

PocketPCでもリモートログイン
Windows CEやPPC用のクライアントでもログインすることができます。といってもリモートデスクトップ用ではなく、ターミナルサービス用のクライアントなので音も出ませんし、色数も限られています。でも、P-inとかH"で外出先から家のマシンにログインできるのはなんか使い道があるかも?PPC用クライアントソフトは、マイクロソフトのこのページ(英語)からダウンロードできます。


iPAQでWin XP Proマシンにログインしているところ。Compact Flash
の802.11bワイアレスLANを使って接続しています。
スピードは不満ないのですが、ちょっと画面が小さすぎて厳しいです。


セキュリティ・セキュリティ

さて、年がら年中セキュリティの話をしていて気が引けるのですが、リモートアクセスサーバを年中動かしたい方は、パスワードの管理などに細心の注意を払いましょう。VNCやリモートデスクトップなどを利用する間にパスワードをインターネット経由で盗まれる可能性は少なくても、他のパスワードと一緒だったり、わかりやすいパスワードをつけていたり、だれかにパスワードを盗まれやすい設置環境だったりすると結局意味がないです。いったんリモートアクセス権を取られてしまえば、もうジ・エンドです。家中のマシンの中身は侵入者の自由になってしまいます。

お役立ちリンク:

VNCのページ
VNCに関する詳しい解説、日本語化マニュアルなどがある。

WindowsXPの正体:リモートデスクトップ接続とは
Windows2000Insiderの記事。大変わかりやすく解説されてます。

HOME
 


高速インターネットならフレッツ・ADSL!