sitemap BBS home
  ブロードバンドにつなぐ ケーブルTVインターネット  


ケーブルとDSLの違い
ケーブルの方がDSLより速い?
セキュリティなどで不利なケーブル

結論?

 
 
HOME



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 


ケーブルとDSL・光接続の違い

DSLや光接続のほかに高速インターネット接続の代表としてあげられるのが、ケーブルTVの配線を利用するケーブルインターネットです。アメリカ、日本とも都市部ではDSLとケーブルの両方とも複数入り込んでいる地域が結構あるとおもいます。そこで、ケーブルとほかのブロードバンド接続、どっちのほうがいいんだろうかと疑問をもたれる方も多いと思います。

まず簡単にケーブルインターネットの仕組みについてご説明しておきます。ケーブルでは接続終端装置にケーブルモデムを使います。家まで来ている(あるいは工事してもらう)ケーブルTVの配線にケーブルスプリッタを接続分離、ケーブルモデムを接続し、そこから先はイーサネットまたはUSBでパソコンまでつなぐ仕組みになっています。したがってケーブルモデムから先はほかのブロードバンド接続とほぼ同じ構成で動作することになります。実際、ブロードバンドルータはDSLとケーブル両方の対応を謳ったものがほとんどです。

では、ケーブルモデムからケーブル局への接続はどうなっているかというと、DSLや光接続がCO(Central Office、収容局)まで一直線につながっているのに対し、ケーブルTVの配線は、まるでLANでつながっているかのようにご近所への配線と回線を共有しています。まとめたところで始めてケーブル局までの接続となるわけです。

ケーブルでの接続概念図

30Mbpsぐらいの回線幅をご近所と共有しているので、そのときつながっているユーザ数や、それぞれがどのぐらいのデータをダウンロードしているかによって接続スピードが異なる。
DSLや光での接続概念図

各戸が直接収容局へ接続される。接続スピードは各戸から収容局への距離で若干異なるが、収容局までのスピードは接続ユーザ数に左右されず一定。 数値はDSL1.5Mbpsを前提とした例だが、光でも同じしくみ。

ケーブルの方がDSLより速い?

ケーブルの方がDSLより速いといわれることがありますが、落とし穴はこのご近所との回線共有です。 最小単位では約30Mb(業者によって異なる)をご近所の接続と回線を共有していますから、だれもつかっていなければ理論上30Mbを独り占めでき、「しんじられないぐらい速い」常時接続が手に入るわけですが、トラフィックが込んでくる5時以降はかなりのスピード低下が起きてきます。どのくらいのユーザ数で30Mbを共有するかによって、最低スピードは変わってきますが、DSLのように平均的なスピードで接続ができるというわけではありません。DSLでの接続もユーザが増えればスピードは上流で低下しますが、これはケーブルでも同じ事です。このため、ケーブルインターネット業者では、スピードについて数字で言及することを避けているフシがあります。先ほど30Mb独り占めの話をしましたが、実際のところケーブル業者の方で制限をかけているようで、だいたいのところ、最大2Mb、最低500kbぐらいの間で振れるというのが平均的なお話です。


セキュリティなどで不利なケーブル

ご近所で配線を共有していることでデメリットになるのがセキュリティです。ケーブル会社によっては、まったくセキュリティに注意をはらっておらず、同じマンションや近所の家が接続しているマシンが自分の「ネットワークコンピュータ」から見えてしまうという事があるらしいです。まぁそこまでひどいのは論外として、暗号化をしないで通信の共有をしている場合は、スニッフィング(インターネット上を流れるデータを盗み見られる)される危険性が非常に高いと言えます。こればっかりはルータを介しても防げませんから、気になる方はケーブル会社に確認しておく必要があるでしょう。 もひとつデメリットをあげると、ケーブル会社のサービスでは割り当てられるアドレスがプライベートIPの場合がけっこうある点と、ルータによる接続共有を規定で禁止しているケースがあることです。これは接続方法上一人のユーザが回線を大きく独占しないためのものだとされていますが、ユーザからしてみれば不便この上ありません。最近になってこのへんで評判が悪かったJCOMがルータの利用を解禁にしたようです。やはりDSLが爆発的にのびたので容認せざるをえなかったんでしょうか。


結論?

で結局どっちがいいかなんですが、無責任ですが「状況によって違う」としかいい様がないのが現状です。DSL側のスピードにしても、局からの距離によって変わって来ますから、実際の接続スピードもそれぞれ自分の家まで引いてみるなり、近所で使っている人の話を聞いてみないとわかりません。セキュリティについては非常に気になるところですが、ケーブルインターネットには、ケーブル回線を利用した格安の電話接続サービスであるとか、専用のブロードバンド・コンテンツサイトなどのDSLにないサービスがあります。 まー、悩んでみるしかないですねー。ワタシの場合ケーブルがサービス圏になかったんで、必然的にDSLになってしまいましたが、サービスが始まったら試してみたいとも思っています。



HOME
 


高速インターネットならフレッツ・ADSL!